血圧の上下差が大きい、小さいって危険なの?!

血圧の上下差が大きい、小さいというのは、

高齢者だけでなく、30代、40代、50代の中年層も

動脈硬化や心疾患などを発症する可能性があるので危険です。


血圧の上下差が正常かどうかを調べるには、

脈圧と平均血圧という2種類の計算式から確認する事が出来ます。



血圧の上下差 正常値 計算法

  • 脈圧=上の血圧-下の血圧 [40~60が正常値]
  • 平均血圧=(上の血圧-下の血圧)÷3+下の血圧 [90未満が正常]

この2つの計算式から、

血圧の上下差が正常値かどうか判断します。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━


実際の数値で当てはめてみます。


 (例)

 血圧が152/82の方を

 脈圧と平均血圧を計算して、血圧の上下差が正常値か判定してみます。



女医さん 脈圧

計算式から152-82=70となり、

正常値の40~60を大きく超えます。

この脈圧が正常値を超える場合、

心臓に近い血管が動脈硬化が進んでる可能性があります。


女医さん 平均血圧

平均血圧の計算式から、(152-82)÷3+82=105.3となり、

こちらも正常値の90未満をかなり超えています。


この平均血圧が正常値を超える場合、

心臓に遠い血管が動脈硬化が進んでる可能性が高くなります。


血圧152/82の方を例に

脈圧と平均血圧を計算してみましたが、

その結果、

心臓から近い血管も遠い血管も

動脈硬化を起こしてる可能性がある事が分りました。


皆さんも血圧を測定をしてみて、

血圧の上下差が正常かどうか

動脈硬化は進んでないかチェックしてみて下さい。


女医さん 血圧の上下差のタイプの違い(高齢者と中高年)

高齢者の場合、上の血圧が高くなり、

下の血圧が下がる方が多く、血圧の上下差が広がる傾向があります。


また中高年の場合は、

下の血圧が高くなる方がいて、

脈圧や平均血圧が正常値でなくなる方が出てきます。


例えば、

130/92という下の血圧が少し高い方は、

脈圧が38になるので正常値の40~60の間に入らず、

血圧の上下差が小さ過ぎて、正常でないと診断されます。

脈圧が40未満の場合は、心疾患の可能性があるのです。

また

平均血圧を計算してみても、

(130-92)÷3+92=104.7となりますので、

こちらも正常値ではないのが分ります。


一見すると、

130/92なら、下の血圧が少し高い程度と思いがちですが、

動脈硬化という観点から見ると、

大変大きな意味合いがあるという事になります。


もしご自分の血圧の上下差を心配してる方は、

血圧脈波検査というのがあり、

上腕だけでなく足首の血圧まで測定してくれる検査もあります。


左右の腕と足首の血圧の差も知る事が出来すので

上下差と左右差の両方を一度検査してみるのも良いと思います。


スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ