血圧の下が高い30代、40代、50代は要注意です!

血圧の下が高い30代、40代、50代は注意が必要です。

高齢者になると上の血圧が高くなる傾向がありますが、

中高年は、血圧の下が高い方が多いという特長があります。

医師

血圧は心臓から血液を送り出す時に上がるのですが、

血圧の下が高いというのは、血液を送り出す前、

つまり血液を心臓内でためてる時に高い状態を指します。



血圧の下が高いというは、

とても異常な状態であるという事がお分かり頂けると思います。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━


それでは、

血圧の下が高い原因をまとめておきます。


女性医師 血圧の下が高い30代、40代、50代の原因

  • ストレス(仕事や家事など)
  • 睡眠不足(6時間未満)
  • 肥満(BMI25%以上)

ストレスは病の大きな原因と言われてますが、

ストレスは、血圧の下が高い大きな原因となっています。


男性は仕事のストレス、女性は家事や育児のストレス、

その他にも

人間関係のストレスなど、血圧の下が高い原因がたくさんあります。


睡眠不足も下の血圧が高い大きな原因の一つで、

毎日寝る時間を十分に取れない中高年が下の血圧が高いようです。


そして、30代40代50代に多いのが肥満です。

肥満の方の多くが、血圧の下が高い傾向がある事はデータで証明済みです。


女医さん 血圧の下を下げる方法

  • 血圧の下が高い原因をなくす
  • 3回の食事を見直す
  • 週に2~3回の運動をする

血圧の下が高い原因となる

ストレス、睡眠不足、肥満などをなくす(減らす)事が大切です。

気分転換や6時間の睡眠、ダイエットなどを始めるのが良いでしょう。

また

それと同時に3回の食事の見直し

一日6gを目標とする減塩された食事や

週に2~3回の運動(ウォーキングなど)を実施します。

減塩するコツ 誰でも出来る運動療法


血圧の下が高い原因は主に3つですから、

ストレスと肥満解消に繋がるウォーキングが、

一番有効な方法ではないかと思っています。



なかなか外へ足が向かないのは分りますが、

血圧の下が高いのは昔から良くないと言われてますので、

頑張って生活改善して下の血圧を下げていきましょう。


スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ