高血圧治療の基本と進め方 3つのリスク群に分類

高血圧は症状のない病気なので、

健康診断などで、突然140/90mmHg以上あると言われ、

自分は高血圧なんだ・・・と、初めて気が付く方も多いです。

説明する女性医師

まず高血圧と診断すると、治療に入る前に、

リスク第一層、リスク第二層、リスク第三層、

そして高血圧の度合いを

Ⅰ高血圧、Ⅱ高血圧、Ⅲ高血圧に分類します。


女医 高血圧を3つのリスク群に分類

高血圧
3つのリスク群
Ⅰ高血圧

140~159
90~99
Ⅱ高血圧

160~179
100~109
Ⅲ高血圧

180以上
110以上
リスク第一層 低リスク 中等リスク 高リスク
リスク第二層 中等リスク 高リスク 高リスク
リスク第三層 高リスク 高リスク 高リスク
高血圧治療ガイドライン2014より

リスク第一層・・・危険因子が他にない

リスク第二層・・・糖尿病以外の1~2個の危険因子、3つのメタボ項目

リスク第三層・・・糖尿病、慢性腎臓病、臓器障害or心血管病のいずれか、4つのメタボ項目がある、3個以上の危険因子がある


そして一覧表から、

低リスク中等リスク高リスクと3つに分類され、

高血圧治療の基本と進め方が、それぞれ決まっていきます。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━



危険因子とは?

高齢(65歳以上)、糖尿病、脂質異常症、尿微量アルブミン排泄、慢性腎臓病、肥満、メタボリックシンドローム、若年(50歳未満)発症の心血管病の家族歴、喫煙




メタボリックシンドロームとは?

ウエスト(男性85cm以上 女性90cm以上)、高血圧、高血糖、脂質異常症の4項目



女医さん 3つのリスク群における
   高血圧治療の基本と進め方


1 低リスクの方の治療の進め方

食生活や運動などの

基本的な生活習慣の指導が行われ3か月ほど様子を見ます。


改善せずに140/90mmHg以上のままなら、

降圧剤治療が検討されます。


2 中等リスクの方の治療の進め方

低リスクの方と同じく、

生活習慣の指導が行われ1か月間様子を見ます。

そして140/90未満になるかどうかで薬での治療が検討されます。


3 高リスクの方の治療の進め方

高リスクの方は、

即降圧剤治療へ入る事が多いです。

もちろん同時に、生活習慣の見直しなども指導されます。


低リスクの方、中等リスクの方、高リスクの方とも

期間に差はあるものの、140/90未満にならない場合、

降圧剤治療を始めていくのが基本となっています。


ただ降圧剤の処方開始時期に関しては、

担当医師によってかなり差があると思いますので、

よくお話合いをされてから決めた方が良いでしょう。


私の個人的な見解

140~149/90~99ぐらいの方なら

降圧剤治療へ移る前に、血圧を下げる食べ物や飲み物などで

6か月ぐらい様子を見るのが良いと思っています。

もちろん、

血圧が160/100以上の方などは、様子見などはなく、

即、降圧剤治療という方が良いかもしれませんが、

血圧10mmHgほど高いぐらいでしたら、

食べ物運動などで下げることが可能な場合もあります。


もちろんこれは、私の見解ですので、

担当医とお話して頂いて、最良の方法を選択して頂くのが一番です。


スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ