血圧の脈拍の正常値一覧表

血圧計の数字で意外と見ないのが血圧の脈拍数ですが、

一般成人の血圧の脈拍の正常値は、

1分間に60回~100回程度が目安とされています。



脈拍の正常値は年齢で違う

若年層と高齢者の脈拍の正常値は、

少し違ってますので、脈拍の正常値を一覧表でご確認下さい。


女医 脈拍 正常値 一覧表

脈拍 正常値 一覧表 脈拍の回数/1分
高齢者の脈拍
(65歳以上)
60~80
一般成人の脈拍 60~100
中高生の脈拍 60~100
子供・小学生の脈拍 70~110
乳幼児脈拍
(生後1年未満)
100~140

もし一般成人で

血圧の脈拍が1分間に100回超えるなら「頻脈」、

1分間に60回未満なら「徐脈」となり、両方共不整脈と診断されます。



スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━


血圧の脈拍が正常値でない原因と

脈拍の正しい測り方をまとめておきます。


女医さん 血圧の脈拍が正常値でない原因

  • 心臓疾患や甲状腺
  • ストレスや神経質
  • 睡眠不足や疲労

血圧の脈拍が正常値でないと、

まず皆さん疑うのが心臓疾患だと思いますが、

意外とストレスや疲労から脈拍が正常値でない方が多いです。


十分な睡眠をとるようにして、

疲れやストレスを解消してから脈拍を再度計測してみて下さい。


女医 脈拍の正しい測り方

脈拍を測った事がある方も多いと思いますが、

脈拍は、手首の動脈に2本の指を当てて測ります。(人差し指と中指)


落ち着いて深呼吸してから脈拍の測定に入りますが、

15秒間の脈拍数を数えて、4倍すれば1分間の脈拍数となります。


脈拍を数えたら、

脈拍の正常値一覧表で正常値かどうか確認しましょう。


運動・入浴直後や緊張してる時は、

脈拍は早くなりますので、

少し時間を置いてから脈拍を測るように注意しましょう。


スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ