血圧の目標値一覧表 2種類5区分でわかりやすい!

日本高血圧学会のガイドラインの中に

血圧の目標値という2種類5区分された目標値があります。

血圧の目標値を一覧表にしましたのでご覧ください。

血圧の目標値一覧表 病院 自宅
若年、中年、74歳まで 140/90未満 135/85未満
後期高齢者 75歳以上 150/90未満 145/85未満
糖尿病 130/80未満 125/75未満
蛋白尿+ 130/80未満 125/75未満
脳血管障害(脳卒中)
冠動脈疾患(心臓病)
140/90未満 135/85未満
(単位=mmHg)

75歳以上なのか、持病があるかないかで5区分されてます。

また

血圧測定が、病院なのか自宅なのかによっても、

血圧の目標値が上下とも5mmHgづつ違っています。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━


血圧の目標値の詳細をまとめておきます。


女医75歳ラインの血圧の目標値

75歳をラインとして、140/90か150/90のどちらかです。

上の血圧で、10の差が出ています。


75歳以上の後期高齢者の場合、

臓器の障害が既に起きてる方が多いので、

慎重に高血圧治療を進めていきます。


女医さん 糖尿病と蛋白尿+(CKD患者)の血圧の目標値

病院の血圧測定で130/80未満、

自宅の血圧測定で125/75未満
となっていて、

下の血圧をかなり厳しく設定してる印象を受けます。


これは、糖尿病などの持病を持つ患者は、

今後、脳卒中、心臓病、腎臓病などの病気を

発症する可能性が高いことから、目標値を厳しく設定してるようです。


糖尿病の場合、血圧の目標値は高い

高血圧治療の基本と進め方


女医脳血管障害(脳卒中)と冠動脈疾患(心臓病)

脳卒中と心臓病の持病がある方の血圧の目標値は、

病院測定で140/90未満、

自宅の測定で135/85未満
となっていて

通常の血圧の目標値が設定されています。


心筋梗塞や脳卒中を起こした直後の患者さんには、

病院測定で130/80未満が目標値となっていますが、

そのような病を起こした患者さんは、

2度繰り返す事も多いので、血圧の目標値をキープしたいところです。


スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ