健康診断の正常値と新基準とは?血圧、BMI、脂質、肝機能など

今回は、

血圧、BMI、肝機能、総コレステロール、LDLコレステロールの5項目で

現行の健康診断の正常値と

2014年に日本人間ドッグ学会が発表した新基準とで

どのくらい差があるのかを見ていきます。

健康診断 現行の正常値 新基準(男) 新基準(女)
血圧 130/85未満 88~147
/51~94
88~147
/51~94
BMI 25%未満 18.5~27.7 16.8~26.1
肝機能 γ-GTP 0~30 10~37 8~25
総コレステロール 140~199 151~254 30~44歳
145~238
45~64歳
163~273
65~80歳
175~280
LDLコレステロール 60~119 72~178 30~44歳
61~152
45~64歳
73~183
65~80歳
84~190


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━


日本人間ドッグ学会の新基準は、

現行の健康診断の正常値とかなり違いがありますが、

特に血圧とコレステロールは目を疑うほど違います。

また

新基準値は、男女で違う数値となってる点が特徴的ですね。



現行の正常値と人間ドッグ学会の新基準で違いが出る理由は、

観点の違いから生じています。


・病気になりにくいという医学的な視野では正常値はいくつなのか?

いわゆる健康な人※1の人間ドッグの結果はどうだったのか?


「病気を予防する」という観点と

「いわゆる健康な人の実態」という観点の違いから生じています。

※1 日本高血圧学会VS日本人間ドッグ学会



血圧の新基準

日本人の4,000万人が患う高血圧(3人に1人)ですので、

血圧の新基準が一番話題になりました。


確かに、130/85未満と148/95未満では雲泥の差ですが、

血圧の正常値は今まで通り130/85未満で統一されており、


人間ドッグ学会の88~147 51~94は、

基準範囲内という位置付けで使用されています。


LDLコレステロールの新基準

LDLコレステロールの正常値は60~119ですが、

男性は最大で178までが基準範囲内、

女性は65歳以上で190までが基準範囲内となっています。


以前からLDLは悪玉コレステロールと言われ、

悪の根源のような扱いをされてきましたが、

人間ドッグを受診した、いわゆる健康な人※1は、

LDLコレステロールは意外と高かったという事になります。


今回は、

健康診断の正常値と

日本人間ドッグ学会の新基準(基準範囲内)のお話でした。


スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ