60代の血圧の正常値と平均値の目標値まとめ

60代の血圧の正常値、平均値、目標値、

60代で血圧が正常値の方の割合(%)の一覧表です。

あなたの血圧と比較してみましょう。

60代の血圧 正常値 正常値の方
の割合 %
平均値 目標値
男性 130/85未満 50% 138/84 140/90未満
女性 130/85未満 55% 137/82 140/90未満
(単位=mmHg、病院での測定値、%は正常高値を含む)

60代の血圧状況を見ると、

60代男女とも約50%の方が血圧が正常値ではなくなります。

また

60代の血圧の平均値を見ても

男女とも上の血圧が正常値の130を超えています。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━



60代の血圧の正常値の詳細、

60代が血圧が高い原因と血圧を下げる方法をまとめます。



まとめ 60代の血圧の正常値の詳細まとめ

60代の血圧の正常値は、

日本高血圧学会が決めた130/85未満となります。


2014年に日本人間ドッグ学会が発表した

血圧の基準範囲148/95未満というのもあります
が、

これは、健康診断だけで有効ですので、区別しておく必要があります。

詳しくはこちらの記事


60代で血圧が正常値を超えた方は、

今の自分の血圧の状況に合わせて、血圧の目標値140/90未満、

もしくは、正常値である130/85未満を目標にするのが良いでしょう。



血圧が正常値を超える原因 60代で血圧が正常値を超える原因

  • 両親や自分の将来の不安でストレスがたまる
  • すぐ起きてしまう、熟睡できない
  • 60代になって、体力低下で運動できない
  • 食生活が改善できない、間食するようになった
  • 高血圧の家系である
60代の方、思い当たる項目はありますか?


ご両親の事や自分の将来の不安でストレスがたまる、

熟睡できずに、すぐ起きてしまう・・・

60代にありがちな血圧が高い主な原因です。


そこに高血圧の家系という遺伝的原因が加わると

高血圧となる可能性がグンと高くなってしまいます。


血圧を下げる方法 60代で血圧を下げる方法

60代の血圧を下げる一番の方法は、

60代が抱えるストレスや睡眠不足を

いかに解消していくかという事になります。


抗不安剤や睡眠導入剤を服用してでも、

ストレス解消と睡眠時間を確保していき、血圧を下げたい所です。



気分転換にウォーキングや水泳、体力的に難しい方は、

公園まで散歩するだけでもストレスと運動不足の解消になります。


また退職などで時間が出来た60代は、

お菓子などの塩分が多い間食をし、水分を摂るようになります。

塩分と水分は体内の血流を増やし、血圧を上げますので節制が必要です。

また

人生を折り返した60代は、

食事ぐらいは楽しみたいという気持ちが湧くようになります。


つまり、味のしっかりとした食事を食べる傾向が出てくるのですが、

血圧の上昇に繋がってしまうので、

そのような食事は「時々」にする様に心掛けましょう。


スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ