40代の血圧の正常値と平均値と目標値まとめ

40代の血圧の正常値、平均値、目標値、

そして40代で血圧が正常値の方の割合%を一覧表にまとめました。


40代の血圧 正常値 正常値の方
の割合 %
平均値 目標値
男性 130/85未満 72% 126/83 140/90未満
女性 130/85未満 85% 119/76 140/90未満
(単位=mmHg、病院での測定値、%は正常高値を含む)

40代の血圧の一覧表を見ると、

平均値的にはまだ大丈夫という第一印象なのですが、

40代男性の28%は、血圧が正常値でなくなる点が気になります。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━



40代の血圧の正常値、血圧が高い原因、

血圧を下げる方法をまとめておきます。



まとめ 40代の血圧の正常値の詳細まとめ

40代の血圧の正常値は、

日本高血圧学会で定義された130/85mmHg未満です。


40代男性の72%が血圧が正常値、

40代女性では85%が血圧の正常値をキープしています。


しかしながら、

40代男性は注意が必要です。


50代男性の血圧の平均値は135/87に上昇しますので、

40代ですでに血圧が高めの方は、50代で

高血圧(140/90以上)の一員となる可能性が極めて高いです。



日本人間ドック学会が定める血圧の正常値


血圧が正常値を超える原因 40代で血圧が正常値を超える原因

  • 仕事・家事・育児がつらい(ストレスや睡眠不足)
  • 飲み過ぎ、毎晩晩酌(体内水分の増加や塩分の多いつまみ)
  • 両親どちらかが高血圧(30%の確率で子供も高血圧)
  • 運動はしない(車や自転車や電車が中心)
  • メタボ体型である(肥満)
40代の方・・・思い当たる原因がありますか?

多忙な毎日を送る40代ですから、

多くのストレスを抱え、睡眠不足の方も大変多くなります。

その他、

遺伝的な要素が出てくるのも40代に多く、

片方の親が高血圧の場合の子供への遺伝率は30%ですので、

自分自身の生活習慣と相まって、

血圧が高くなる方が増えてくるのも40代の特長です。


血圧を下げる方法 40代で血圧を下げる方法

40代が血圧を下げるには、

自分で出来る事をやる!これが一番の血圧を下げる方法です。


・仕事で毎日一杯にしない(適当に抜く、ストレス発散)

・同僚を気にせずに帰宅する(睡眠時間の確保)

・一駅手前で降りて運動がてら早歩きで帰る

・買い物は歩いて行く

・毎日飲まない



遺伝的に高血圧になりやすい方やストレスが多い40代は、

自分だけでは、対処が出来ない事も多いものです。


自分で出来る「血圧を下げる対策」だけを実施して、

まずは40代の血圧の目標値140/90未満を達成するようにしましょう。



血圧を下げる食べ物を積極的に食べて、

運動習慣を身に付けるのが良いと思います。


スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ