高血圧の放置で3つの合併症になる 心臓病、脳卒中、腎臓病

高血圧を放置すると、3つの合併症になる方が多いです。

1、心臓病 2、脳卒中 3、腎臓病 

この3つが高血圧の放置により起こる合併症です。


女性医師

高血圧は、痛いとか体調不良などの自覚症状がないため、

健康診断などで血圧が高いと指摘されても

そのまま高血圧を放置する方が多い傾向があります。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━
昨日まで元気だったのに・・・という突然の訃報は

高血圧を放置していたために起きるという事が結構あるのです。

高血圧の放置で起きる3つの合併症を見てみましょう。


女性医師 高血圧の放置から合併症の心臓病へ

心筋梗塞や心肥大などの心臓病が起きるのも

高血圧の放置が原因である事も多いです。


日本人の死因の第一位は癌ですが、

第二位は、この心筋梗塞などの心臓病となっています。



心臓病は、血管の障害が原因ですので、

高血圧が大きく関係しています。

高血圧の放置が、心臓病の危険因子である事は間違いないのです。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━

女性医師 高血圧の放置から合併症の脳卒中へ

日本人の死因の第三位は脳卒中ですが、

高血圧の放置から脳出血という事例が多く見られます。


細い血管がいくつもある脳内は、

高血圧の放置でもろく壊れやすくなっていきます。



突然の訃報とならないように

高血圧の放置はやってはいけない事なのです。


女性医師 高血圧の放置から合併症の腎臓病へ

高血圧を放置して、

血圧がどんどん上がると、腎臓の機能が低下していきます。


腎臓は、高血圧の原因でもあるナトリウム(塩分)を

尿や汗として排出する働きがありますので、

腎機能の低下は、体内の塩分処理能力が減少し、

つまりは、高血圧の更なる悪化へと導いてしまうのです。


高血圧と腎臓病は、相互関係が強いので、

高血圧を放置すると、腎臓病を発病しやすいのです。



腎臓病でも多く見られるのが、

この腎障害と腎硬化症という腎臓病です。


このように高血圧の放置は、

心臓病、脳卒中、腎臓病などの合併症を起こしやすいので、

少し血圧が高めですよ・・・と診断された段階で、

高血圧の治療に入らないと大変な病気を招くことになります。


スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ