「血圧の目標値」の記事一覧

血圧の目標値一覧表 2種類5区分でわかりやすい!

75歳以上なのか、持病があるかないかで5区分されてます。また血圧測定が病院なのか自宅なのかの違いで、血圧の目標値が上下とも5mmHgづつ違っています。血圧の目標値の詳細をまとめておきます。

年齢別の血圧の正常値と平均値と目標値まとめ

血圧に関する年齢別の一覧表を3つ作成しました。血圧の正常値は、年齢別というものはなく、どの年齢も130/85未満です。ただし、血圧の平均値を年齢別に見ると、年齢を重ねるにつれてどんどん正常値から離れていきます。

20代の血圧の正常値と平均値と目標値まとめ

20代の血圧の正常値、平均値、目標値、そして血圧が正常値である20代の方の割合(%)などについてです。20代の血圧の平均値をご覧頂くと、日本高血圧学会が定める血圧の正常値「130/85」を大きく下回り、至適血圧(120/80未満)という最高の血圧状況(完璧な正常値)である・・・

30代の血圧の正常値と平均値と目標値まとめ

30代の血圧の現状をご覧頂くと、血圧の平均値も至適血圧(120/80mmHg未満)に近い良い数値ですね。30代でⅠ度高血圧(140/90mmHg以上)の方は、まず高血圧の基礎知識を身に付けていきましょう。

40代の血圧の正常値と平均値と目標値まとめ

40代の血圧の一覧表を見ると、平均値的にはまだ大丈夫という第一印象なのですが、40代男性の28%は、血圧が正常値でなくなる点が気になります。40代の血圧の正常値、血圧が高い原因、血圧を下げる方法をまとめておきます。

50代の血圧の正常値と平均値と目標値まとめ

50代の血圧の一覧表を見ると、50代男性の血圧の平均値において、血圧の正常値(130/85未満)を超えてしまいましたね。そして50代男性の47%が血圧が正常値でなくなります。50代の血圧の正常値の詳細と、血圧が高い原因と血圧を下げる方法をまとめておきます。

60代の血圧の正常値と平均値の目標値まとめ

60代の血圧状況の一覧表を見ると、60代男女とも約50%の方が血圧が正常値ではなくなります。また60代の血圧の平均値を見ても男女とも上の血圧が正常値の130を超えています。60代の血圧の正常値の詳細、60代が血圧が高い原因と血圧を下げる方法をまとめます。

70代の血圧の正常値と平均値と目標値まとめ

70代の50%以上の方は、血圧が正常値を超えています。また、70代の血圧の平均値をご覧頂くと、上の血圧が140を超えて、Ⅰ度高血圧(140/90以上)になっています。70代の血圧の正常値のまとめ、70代の高血圧の原因、血圧を正常値へ近づける方法のまとめです。

高齢者の血圧の正常値と平均値と目標値まとめ

厚生労働省は、65歳~74歳までの高齢者を前期高齢者、75歳以上の高齢者を後期高齢者と2つに分けています。60代と70代の血圧の正常値、平均値、目標値、そして血圧が正常値の方の割合(%)一覧表をご覧下さい。

男性の血圧の正常値と平均値と目標値まとめ

血圧が正常値でない男性は、①の一覧表で同年代男性の血圧の平均値をまず確認しましょう。続いて②の一覧表で、血圧の目標値を定めます。そして最終的には男性の血圧の正常値130/85未満は達成して下さいね。

女性の血圧の正常値と平均値と目標値まとめ

血圧が正常値を超える女性は、①と②の表をご覧頂き、置かれた状況を把握します。そして、日本人間ドッグ学会が定める血圧の正常値148/95未満または、日本高血圧学会の定義する目標値140/90未満を目指します。そして最終的には、正常値である130/85未満を目指すのが良い方法です。

糖尿病の場合の血圧の目標値は超厳しいですよ

糖尿病の場合、血圧の目標値は、130/80mmHg未満と日本高血圧学会で定められています。高血圧だけを患う方の血圧の目標値と比べると、上下とも-10mmHgづつ厳しく設定されていますね。

高齢者の場合の血圧の目標値は年齢や持病によって違います

高齢者の場合、血圧の目標値は、75歳をラインとして変わります。65歳~74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者と呼び、血圧の目標値を2つに分けています。75歳を境にして、上の血圧も下の血圧も10mmHg違っており、病院での測定なのか、自宅での測定なのかでも・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ