「血圧の基礎知識」の記事一覧

血圧を下げるには、3つの一覧表が役に立ちます!

まず、血圧の現状を把握するために、家庭用血圧計で血圧を測定して①の表と照らし合わせましょう。自宅での血圧の正常値は125/80未満です。②の表から、あなたの性別、年齢別に該当する血圧の平均値を覚えておきましょう。③の表から、年齢と持病における・・・

血圧とは?血圧のしくみを知ろう!

健康診断などで血圧を測定するようになり、そもそも、血圧って何だろう?上とか下とか何だろう?血圧のしくみはどうなってるの?と言う方も多い事でしょう。血圧のしくみをまとめておきます。①血圧とは?②上の血圧、下の血圧とは?

血圧の上下差が大きい、小さいって危険なの?!

血圧の上下差が大きい、小さいというのは、高齢者だけでなく、30代、40代、50代の中年層も動脈硬化や心疾患などを発症する可能性があるので危険です。血圧の上下差が正常かどうかを調べるには、脈圧と平均血圧という2種類の計算式から確認する事が出来ます。

血圧の下が高い30代、40代、50代は要注意です!

血圧の下が高いという30代、40代、50代は注意が必要です。高齢者になると上の血圧が高くなる傾向がありますが、中高年は、血圧の下が高い方が多いという特長があります。ストレスは病の大きな原因と言われてますが、ストレスは、血圧の下が高い大きな原因となっています。

血圧200以上は危険すぎる!まだ間に合うたった1つの治療方法

もし210/130以上の場合は、悪性高血圧と呼ばれる最悪の状態になります。悪性高血圧を一言で言うなら、いつ倒れても全く不思議ではない高血圧であるという事になりますが、高血圧患者の200人に1人が患い、1年以上継続してしまうと、死に至るというデータもあります。

高血圧の放置で3つの合併症になる 心臓病、脳卒中、腎臓病

高血圧を放置すると、3つの合併症になる方が多いです。1、心臓病 2、脳卒中 3、腎臓病 この3つが高血圧の放置により起こる合併症です。昨日まで元気だったのに・・・という突然の訃報は高血圧を放置していたために起きるという事が結構あるのです。

血圧の大敵!塩分を減らす(減塩)5つのコツ

欧米諸国の平均的な塩分摂取量9~10g/1日に対して、日本人は、約13g/1日の塩分を摂取しているのです。血圧が正常値を超えたら、塩分を減らすことが血圧を下げるポイントになってきます。血圧の大敵「塩分を減らす5つのコツ」をそっと教えます!
サブコンテンツ

このページの先頭へ